CD

18/07/2017

New release’nakaniwa’

hoshiko yamane + duenn “nakaniwa” PFCD70 2017.7.17 release
http://www.progressiveform.com

1. wandering water
2. clay and shadow
3. sacred tree
4. sympathy of the light
5. the origin of life
6. trembly the surface of the water
7. innumerable chromosome
8. shaky silence
9. fly away

Listening Sound cloud

◆『nakaniwa』アルバム紹介

本作『nakaniwa』は、ベルリン在住でヴァイオリニスト/作曲家、現タンジェリン・ドリームのメンバーHoshiko Yamaneと、福岡在住でカセット・レーベル〈duennlabel〉を主宰する日本有数のアンビエント・アーテイストduennによるコラボレーション・アルバムである。二人の邂逅は今から3~4年前ほど前に遡る。「dommuneでHoshikoYamaneの素晴らしいライブパフォーマンスを目にし」、duenn側から彼女にコンタクトを取ったのだ。意気投合した彼らは即座にファイル交換を開始。「ベルリン~福岡の間で無数のファイルのやり取りを経て、約2年越しで作品が完成」したという。

さらに本作には二人に加え、Akiko Kiyama、Taigen Kawabe、Maxwell Croyら、3人のアーティストがゲスト参加している。
Akiko Kiyamaは、Ricardo Villalobosなどからも高く評価されている世界的なエレクトロニック・ミュージック・アーテイスト。彼女も以前からHoshiko Yamaneとduennらとリリース予定のないまま「音を足し、加工しながら制作した未発表作品のサウンド・ファイル」を制作していたのだが、本作にはその音源ファイルが使用された(3、5)。
Taigen Kawabeもサウンド・ファイルでの参加である。「彼がロンドンの大学でサウンドアートを学んでいた時にフィールド・レコーディングした音源を聴かせて貰ったところ、今回のプロジェクトの雰囲気に合いそうだと感じた」のが参加の理由だ(6、7)。
Maxwell Croyは、Maxwell CroySean McCannやMary Lattimoreとのコラボレーションでも知られる琴奏者。「バイオリン以外の楽器を取り入れてみたくなった」というduennが、共通の友人であるceler/Will longを通じてコンタクトを取ったという(8、9)。

これらのサウンドを丁寧に織り上げるかのように作曲/構成された本作は、弱音から壮大な音へと変化を遂げるダイナミックなアンビエントを展開している。全9曲、まるでロマン派のクラシック音楽のような音の波を描いているのだ。小さな音に耳を拓き、音の川にうごめく無数の音たちを顕微鏡的に聴くこと。そう、このアルバムには、ディープ・リスニングへと誘う音楽/音響が、ミクロコスモスのように生成している。聴き手をミクロ/マクロの音響空間へと誘うアンビエント・ミュージックである。

デンシノオト(音楽ライター)

アートワークは、1992年に中国・四川で生まれで現在は中国とイギリスに在住、2014年にロンドンの大学で写真学の修士を取得しLCC/Photofusion賞を受賞、2015年には中国で最も評価の高い<Three Shadows Photography Award>でも受賞した女性写真家のxiaoyi chenが担当している。

all written & produced by hoshiko yamane + dune

collaborated with
akiko kiyama (kebko music) M3 & 5
taigen kawabe (bo-ningen) M6 & 7
maxwell august croy M8 & 9

art work : xiaoyi chen

さらに続きを読む

14/05/2017

Tangerine Dream new album

TANGERINE DREAM – QUANTUM GATE
NEW ALBUM RELEASE BY PLEDGEMUSIC

ALBUM RELEASE ON 29th Sep 2017

http://www.pledgemusic.com/projects/tangerine-dream-quantum-gate

2015年にTangerine Dreamの創始者であり、バンドリーダーであったエドガーが亡くなって以来、残ったメンバー3人で試行錯誤してきました。50年続いたバンドの歴史と音楽を続けたい、次の世代へ繋げたい思いは晩年のエドガーも話していたことです。
9月にPLEDGEMUSICからアルバムのリリースにあたり、先行予約を開始しました。最近はライブでもインプロを取り入れていて、いくつかのライブ録音とスタジオ録音も収録されています。是非聴いてみてください!

Tangerine Dream’s new studio album Quantum Gate is due for release on September 29th 2017, coinciding with the 50th anniversary of the foundation of the band.

In late summer 2014, Edgar Froese, Thorsten Quaeschning, Ulrich Schnauss and Hoshiko Yamane began to work on what was planned to be the first album of Tangerine Dream’s Quantum Years – a new phase of the band that Edgar wanted to use to introduce a couple of substantial changes.

Consisting of himself, long term collaborator Thorsten Quaeschning (synths), violinist Hoshiko Yamane and new member Ulrich Schnauss (synths), the Quantum Years promised an updated, contemporary take on the band’s trademark sound of the 70s and 80s: sequencer-driven electronica covering a wide range of moods and atmospheres from ambient soundscapes to energetic, upbeat moments. Non-musical ideas relating to the field of quantum physics and philosophy had inspired Edgar to attempt a translation of these concepts into music.

Very sadly however Edgar passed away in early 2015 – requesting that his wife, visual artist and TD’s manager for the last 15 years, Bianca Froese-Acquaye would ensure that his vision for the Quantum Years would still be realized.

Throughout the last two years Quaeschning, Schnauss and Yamane therefore worked hard on achieving a result that would match Edgar’s expectations – as well as the ones of TD’s loyal fanbase.

It’s worth noting that the compositions appearing on the album are not only based on theoretical concepts and ideas Edgar had outlined, but also on a large number of actual musical sketches that he luckily had already prepared during the initial phase of the band’s reformation process.

Therefore, Quantum Gate is just as much a new beginning as it is a testament to Edgar’s never-withering inspiration and ever-flowing creativity.

 

Tangerine Dream A38 Ship Concert broadcast by the M2 TV chanel

 

さらに続きを読む

17/05/2016

Donation for creation of ‘discord’

I want to ask for donation for creation of our new contemporary dance piece ‘discord’
Here is sound track,which I composed myself and will perform Live-music on stage.
Please listen to it and buy Album,if you like.
Thank you for your support.

さらに続きを読む

23/12/2015

Quantum Key and Tangaudimax from Tangerine Dream

Quantum Key

Tangerine Dream
“Quantum Key”
EP
Releasedate:
2015-11-20

Tracklist
01. Genesis Of Precious Thoughts
02. Electron Bonfire
03. Drowning In Universes
04. Mirage Of Reality

Composed by
Edgar Froese, Thorsten Quaeschning, Ulrich Schnauss

Mastered by
Birgir Jón Birgisson at sundlaugin studio / Reykjavík, Iceland

Edgar Froese
Synthesizer

Thorsten Quaeschning
Synthesizer, Electric-Guitar, Drums

Ulrich Schnauss
Synthesizer

Hoshiko Yamane
Violin

online shop

TANGAUDIMAX
TANGAUDIMAX – The Tangerine Dream Sound Museum is a project
Thank you for your support!!

TANGAUDIMAX WEB SITE

さらに続きを読む

11/01/2015

2/15 Release ツアーで先行発売。

SDカード

福岡在住の映像作家Masako Okaharaとの映像作品をDuenn Labelより2015年2/15にリリース。
作品はSDカードに収録されており、DVDよりコンパクト。
「Regen from Ame」
Tukico×Masako Okahara

Tukico a.k.a Hoshiko Yamane Japan 2015 tourにて先行発売を行います。
是非この機会にお買い求めください。

また1/22(木)福岡grafでのライブはMasako Okaharaとのライブ共演。
作品とはまた違うコラボレーションになること間違いなしです。

2015/1/22(THU) at graf (Fukuoka)
OPEN/START 20:00-23:00 ADV/DAY2000(要1D)
Live: Tukico aka.Hoshiko Yamane(Tangerine Dream),
空間現代,Duenn,Michitoki KT
映像:Masako Okahara

Okahara Masako
1985年山口県生まれ。映像作家。 京都インターアクト美術学校卒。2010年糸島市に移住。 作品は主に映像インスタレーションを中心に制作。 またミュージシャンのMVやイベントの映像も手がけている。

Duenn

さらに続きを読む

山根星子ベルリンからペコリン

「STOPMOTION.JPは、東京のこれからを面白くしていくアーティストやクリエイティブな人々が出演する“動く雑誌+ラジオ+試聴機”のようなサイトです。出演者と視聴者が双方向に出会えるシーンの構築を目指しています。「ベルリンからペコリン」では山根星子がベルリンから、またはヨーロッパ各地から、日常風景やライブなどを生中継していきます。